ホームページ作成 web cliate

ホームページ作成

ホームページを作ってみよう

ホームページ作成    index.html  >  browser.html

ブラウザあれこれ紹介

様々なブラウザが存在するため、ホームページを作成する際はこれらに気をつけなくてはなりません。ホームページ作成が終わった後は、ウェブサイト上での公開となるわけですが、
そのホームページを見るのには、どのような事が必要でしょうか?

まずは自分のパソコンがないと話になりません。
ないのでしたら自分に合ったパソコンを探してはどうでしょう?

そして、私たちが今、このページを見ている「ウェブブラウザ」というソフトが必要となってきます。

今回は、そのウェブブラウザに関する事を書いていきます。

ウェブブラウザとはなんたるか

ウェブブラウザ(インターネットブラウザや、WWWブラウザとも書く)は
World Wide Web(ワールド・ワイド・ウェブ)で
ハイパーテキストのリンクを辿りながら、ウェブページを表示するソフトウェアの事を言います。
単に「ブラウザ」といわれるのが一般的だと思います 。

高機能なブラウザとなると、JAVAスクリプトなどのスクリプトエンジンを搭載し、
プラグインなどの仕組みでブラウザの機能を拡張することができます。
プラグインとしては、Javaプラグインや、Adobe Flashなどが利用可能です。
例えば、Javaプラグインをインストールすると、
ウェブブラウザ上でJavaアプレットが実行できる様になります。
Ajaxなどの流行により、ウェブそのものがオペレーティングシステムに代わる
プラットフォームとして台頭してきているのが現状の流れであり、
ウェブブラウザの役目は、単なる閲覧するためのソフトから、
ネットワーク資源への高機能クライアントソフトへとシフトしてきています。

それに伴い、ホームページ作成の環境は、ウェブブラウザの進化によって、
大きな挑戦の場が生まれているのも現状であります。

また、2006年以後の主なブラウザでは、タブブラウザと呼ばれる方式の
ユーザインターフェースが主流になっています。
これは、これまでは一つのウェブブラウザを立ち上げると、一つのページしか見られなかったのが、
一つのウェブブラウザ上で複数のページ(タブ)を立ち上げる事が可能になったシステムです。

そのため、タブを切り替えるだけで容易に複数ページを閲覧可能になり、
また、複数ページが1つのウィンドウの中に集約されるためウィンドウ管理の必要がなくなり、、メモリの節約にもなります。
さらには、ブラウザクラッシャーと呼ばれる、ウインドウが大量に開くスクリプトを閲覧してしまった場合も、ブラウザを1つ終了させるだけで良い等、
ブラウザクラッシャーに対する防御力の向上にもなっています。
また1つのメインウィンドウが基準となるため、Webページを表示する際のウィンドウサイズも固定される他、非常に面倒なポップアップ広告の抑止も可能になるというメリットもあります。

今後登場が予定されている主なブラウザは、このタブブラウザの機能を併せ持っています。

ブラウザは、各種類でまったく同じ様に表示されるとは限りません。
例えば、ホームページを作成し、ブラウザで表示させてみた場合、
Internet ExplorerとFireFoxでは、どちらかのレイアウトが崩れてしまっている事が多く、
ホームページ作成の現場では、各ブラウザで表示がキチンとされているかの検証をしながらの作業となります。
したがって、どのブラウザでも、表示がまったく同じになるように、
ホームページ作成の現場からは、常に要望が出ています。
(ちなみに、当ページではInternet Explorer 6に最適化されています。)


Internet Explorer

現在、シェアが圧倒的に高いウェブブラウザです。
マイクロソフト社が開発したブラウザで、Windowsに標準で付いてくるブラウザでもあります。
以前はライバルのMacにも搭載されていましたが、現在は対応を打ち切っています。

独自規格の技術を投入するのに積極的であるため、
各ブラウザ間の互換(表示がブラウザでバラバラになる現象のこと)がよく起こります。

しかし、他のブラウザよりも軽めな事・Windows標準で、利便性が高いことなどから、
シェアが9割以上の時期もありましたが、
次第にセキュリティホールの発見などの、詭弱性と呼ばれる欠陥が相次ぎ、
現在では、FireFoxなどのブラウザにシェアを奪われてきてはいるものの、
現在も高いシェアを持ち、まったく無視は出来ない存在となっています。

現在の最新バージョンは7であり、
タブブラウザ化されたのが最大の特徴であり、
ブラウザ間の互換性の問題についても若干解消されています。
以前からの、6などのバージョンを使っているXPユーザーに対しては、
マイクロソフト社による、オンラインでの強制アップデートが予定されています。

FireFox

このところ、人気の上がってきているブラウザの一つです。

このブラウザは、アメリカの非営利企業によるプロジェクトで生まれたソフトの一つであり、
拡張性が高いなどの自由度の高いブラウザでもあります。

Windowsだけでなく、MacやLinuxもサポートされており、
タブブラウザ機能や、アドオンと呼ばれる機能が拡張できる仕組みがあり、
各種検索エンジンを登録することにより、ブラウザ上から直接検索が可能になるなどの利便性の高さや、
テーマと呼ばれる、ブラウザのデザインを変更出来る機能や、
Windowsとは違い、OSとの一体性は無いので、
セキュリティにも強いとされるのが特徴である。

中でも、アドオンと呼ばれる拡張機能が魅力であり、
例えば、FireFox上で、Windows内部から、ホームページのデータを読み込み表示させるためのプログラムを利用することにより、
FireFox上でInternet Explorerのみしか表示されないページを用事することが出来る。

また、HTMLやCSSなどの表示は、それぞれの言語が推奨する表示に

動作が重かったりする場合もあるが、将来的にも期待できるブラウザの内の一つである。

なお、2008年度内にFireFox3が登場する予定であり、
新しいcssの規格にも準拠した表示がされる設計となっている。

Safari

サファリは、元々Mac用のブラウザであり、開発もアップル・コンピュータの担当である。

iPod touchなどにも組み込まれ、最近はWindows対応版が登場している事で、
クロスプラットフォームなブラウザとなってきている。

特徴は、その綺麗な表現力であり、
他のブラウザではギラギラした表現の文字が、
文字の周りが薄くぼかしが入ったような感じになっていて、とても見やすくなっている。
Windows版でも、この特徴は生かされている。

Mac標準という事で、ホームページ製作の現場では、このブラウザを
作成したページの確認に使う主なブラウザとしている現場もある。

Valuable information

社宅管理代行について知る

Last update:2019/1/22